Top >  抜け毛の治療 >  抜け毛を病院で診てもらう前に

抜け毛を病院で診てもらう前に



抜け毛が酷い時は、病院で医師の診察を受けるのが無難ですが、
ある程度、予備知識をつけておいたほうがいいのではないでしょうか。
今回は、抜け毛の予備知識をご紹介します。


抜け毛(脱毛症)は頭部に起こることが最も多いですが、
体の他の部位に生じることもあります。
抜け毛には進行のものと、そうでないものがあります。


その原因は遺伝的要因、加齢、食事や生活習慣、
その他では部分的な皮膚の状態、
全身に影響が出る病気(全身性疾患)などがあります。


薬が原因で起こる薬剤性の抜け毛(脱毛症)もあります。
頭部で起こる抜け毛(脱毛症)で多いのは、
男性型脱毛、壮年性禿頭症(とくとうしょう)といわれ、
AGA(男性型脱毛症)や壮年性脱毛症などと言われています。


抜け毛(脱毛症)の原因として最も代表的なものが、AGA(男性型脱毛症)です。
男性の約半数、女性の1割から2割がいずれは発症すると言われています。


これは男性ホルモンの一種である
ジヒドロテストステロン(DHT)がわずかに増えることと、
遺伝的要因が主な原因だと考えられています。


抜け毛(脱毛症)はどの年代でも発症する可能性もあり、
10歳代のうちに起こる例もあります。


男性では、抜け毛は前頭部か頭頂部から発症するのが一般的です。
人によっては抜け毛は部分的なものにとどまり、
生えぎわが後退したり、小さな脱毛が頭頂部にできるだけの人もいます。


しかし、若いうちから抜け毛(脱毛症)が進行しだした人では、
最終的には頭頂部の毛がほとんど失われ、
後頭部と側頭部の部分に毛が残るだけになることもあります。


医師に見てもらうときは、
普段の生活や食べているものなどを聞かれると思いますので、
あらかじめメモを取っておくと便利でしょう。



抜け毛の治療


関連エントリー

抜け毛に悩んだら、早めに皮膚科に行くべき? 抜け毛症は病院に行けば治る? 皮膚科で抜け毛を診てもらう 抜け毛症を治療するには? 抜け毛に悩んだ時は医師に相談を 抜け毛の治療、対策をする 抜け毛を病院で診てもらう前に



プロフィール

編集長:たかぽん

アバターでは、あえて髪をフサフサにしていますが・・・。

中学生の頃から抜け毛が気になりだし、気が付けば三十路も半ばを迎えました。

かれこれ20年近く抜け毛と格闘?してきています。

私が調べたことや体験したことを書き留めているので、ぜひ参考にして下さい。

検索されたキーワード