Top >  女性の抜け毛 >  妊娠中の抜け毛について

妊娠中の抜け毛について



抜け毛には色々な要因があります。
その一つにホルモンのバランスが挙げられ、
妊娠中などには、ホルモンのバランスに変化がおき、
抜け毛に影響を及ぼします。


脱毛するには、男性ホルモンのテストステロンが関係していると言われています。
男性の場合は、このテストステロンの影響を受けやすい体質と受けにくい体質があり、
「はげは遺伝する」と言われているのは、この体質を遺伝するからと言われています。


特に年齢の若い男性が抜け毛に悩まされていますが、
それはテストステロンの分泌量が多い時期だからです。


しかし、テストステロンが多いからといって、
必ず全員がはげてしまうわけではありません。
テストステロン以外にも、はげる要因があるのです。


女性の場合は、男性の20分の1程度しかテストステロンの分泌量がないため、
年齢が若いうちは脱毛が起きにくいのですが、
40歳前後から女性ホルモンの分泌量が減ってくると、
相対的にテストステロンの 量が増えるため、
頭頂部の毛が細くなり、頭皮が透けて見え始めます。


このように、女性の場合は加齢と共に薄毛になってしまうのは仕方のないことなのですが、
最近は若い女性でも、抜け毛や薄毛に悩まされている方が増えてきています。
男性と同じように働く女性が増えたことで、仕事でのストレスなども
増えたことが原因なのではないでしょうか。


また、女性は妊娠をすると女性ホルモンの分泌が盛んになります。
そのため、発毛周期(ヘアサイクル)で抜ける時期にあるはずの毛が、抜けにくくなります。
妊娠中は毛が濃くなるというのは、本来抜けるはずの毛が抜けないからなのです。


しかし、出産を終えた後は、
抜けるはずなのに抜けなかった毛が一気に抜けます。
これはあくまでも自然現象ですから、
それほど気にしなくてもいいといわれています。



女性の抜け毛


関連エントリー

女性の抜け毛の種類 女性+抜け毛の特徴とは? 産後抜け毛のブログを探してみる 女性の抜け毛の特徴 妊娠しているときの抜け毛について 妊娠中の抜け毛について 産後の女性の薄毛、抜け毛について 女性の抜け毛や薄毛について 女性の薄毛や抜け毛の悩み対策、育毛剤&シャンプー「アランテ」 女性の抜け毛、薄毛について 女性の抜け毛の対策は? 女性の抜け毛の傾向 産後は抜け毛が増えるの?



プロフィール

編集長:たかぽん

アバターでは、あえて髪をフサフサにしていますが・・・。

中学生の頃から抜け毛が気になりだし、気が付けば三十路も半ばを迎えました。

かれこれ20年近く抜け毛と格闘?してきています。

私が調べたことや体験したことを書き留めているので、ぜひ参考にして下さい。

検索されたキーワード