Top >  子供・赤ちゃんの抜け毛 >  乳児から始まる発毛、抜け毛について

乳児から始まる発毛、抜け毛について



発毛や抜け毛といった活動は成人の方だけのものではありません。
乳児の頃から、こういった活動はおきているのです。
今回は、乳児から始まる発毛、抜け毛についてご紹介します。


髪はもともと皮膚の一部が変化したもので、
皮脂腺や汗腺と一緒に胎児の発育とともに発生してきます。
ですから、髪が発生は皮膚の発生に伴って生まれ、
角化の形成が進行して一本の太い髪となるのです。


髪が生える発毛のメカニズムは
最初に毛包が造られることからスタートです。 


胎児の時に皮膚が陥没して毛包ができその下部にある
髪の製造工場に当る毛母細胞で細胞分裂が行われ、
髪は成長していきます。


とういことはお母さんのお腹の中で決まるわけですね。
お母さんの取る栄養によってずいぶん髪の毛に影響が出てきそうですね。

 
髪が生え、そしてその生長に必要な栄養素は18種類のアミノ酸であり、
毛細血管によって運ばれています。


髪にはヘアサイクル(発毛周期又は毛周期という)があります。
髪は毛母細胞が刺激を受けて細い髪から生長を始めますが、
この生長する期間が男性で約3年~5年、
女性で約4年~6年続と言われています。
男性のほうが短いんですね。


成長とともに最初は細く軟らかかったものが次第に
太毛でハリのある硬い髪になって行きます。


やがて生長が鈍くなる退行期(約3週間)となり、
完全に髪の生長が止まる休止期(約4ヵ月~6ヵ月)となって
髪は抜け落ちます。休止期の終わり頃になると、
古い髪の毛は頭皮の上部へと上がって行き、
その下の部分では、次の新しい髪になる毛芽が発生し
生長の準備が始まります。


毛穴の中が健康な状態なら脱毛と同時にすぐに新しい
髪の発毛が始まるのですが、ストレスや何らかの原因で
こうした移行がうまくいかない場合があるのです。


この状態が続く事によって抜け毛が多くなり髪が薄いという
状態になってしまうのです。


つまり、抜け毛を防ぐ最大のポイントは、
「ストレスをいかに防ぐか」ということになるわけです。



子供・赤ちゃんの抜け毛


関連エントリー

乳児から始まる発毛、抜け毛について 出産後の抜け毛について 子供の抜け毛はどうすればいいの? 赤ちゃんの抜け毛は気にしなくていい?



プロフィール

編集長:たかぽん

アバターでは、あえて髪をフサフサにしていますが・・・。

中学生の頃から抜け毛が気になりだし、気が付けば三十路も半ばを迎えました。

かれこれ20年近く抜け毛と格闘?してきています。

私が調べたことや体験したことを書き留めているので、ぜひ参考にして下さい。

検索されたキーワード